Uber Eats配達を車でやってみて、苦笑いをする!?

2019年から急にUber Eats(ウーバーイーツ)料理配達が溢れ始めた気がします。

最初Uberのイメージって、個人乗用車と顧客を連携してくれる仕組みだけだと思いましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)って料理配達の凄い仕組みを作り上げたなと感心してしまいました。

個人経営やよく知られてないお店側は販路を広げるし、国民全員だれでもUber Eats(ウーバーイーツ)配達員になって自分のペースでお金を稼ぐことができるし、注文者は家から一歩も出なくても食べたい料理が食べられるし、また、Uberは多少の手数料を受け取って、みんながお得なWin-Win-Win-Winになれる凄い仕組みだと思います。

そのため、お店側、配達員、注文者にはUber Eats(ウーバーイーツ)を凄くお勧めします。

その中で、今日はUber Eats(ウーバーイーツ)配達員側の話を、車で実際配達してみて感じたことを伝えてみようかなと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は日本在住で、日本語に問題がなければ誰でもなれます。外国人であっても就労可能な在留資格でしたら、問題ございません。

また、配達手段はバイク、原付バイク、軽貨物車(また125CC超バイク)があります。

登録するにはスマホにてすべて行われますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達についての説明および配達バッグをもらうために、一度パートナーセンターに伺う必要があります。

配達手段により、登録に必要な書類も違うので、軽貨物車の場合は運転免許証、車検証、自賠責、任意保険、ナンバープレート写真、プロフィール写真、銀行口座、外国人の場合は在留カードも必要です。

軽貨物車って黒ナンバーの車を指してます。

車でUber Eats配達する時のメリット

  • スマホ充電
  • 走るスピード
  • 天気気候による影響が少ない
  • 遠距離配達

Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリは常にオンライン化しておかないといけないので、電力の消費がかなり多いです。車だといつでも充電できるので便利です。

雨が降ったり、風が強かったり、暑かったり、寒かったりしても車の中にいるのでほとんど影響受けません。

車でUber Eats配達する時のデメリット

  • 遠距離ピックアップ依頼コールが多い
  • 渋滞に弱い
  • 一方通行・Uターン禁止に要注意
  • 一時停車に困る
  • ガソリン代は自前
  • 運転中「ながらスマホ」危険

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達依頼はAIが割り振ってますが、車には遠距離コールがよく割り振ってくれます。Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み上、報酬はお店から料理を受け取って注文者様に配達完了するまでの間で発生します。

ということは、現地から出発して料理のピックアップまでの間では報酬が発生しないってことです。自転車やバイクだと遠くても10分以内の依頼コールが割り振られますが、車だと15分とか20分かかる依頼コールがよく割り振られます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)からはピーク時間帯にブーストを付けてくれて、ピーク時間帯により多く配達を完了するとより多い報酬が得られますが、ピーク時間帯ってことは大体道路が混みあう場合が多く、動きが軽い自転車やバイクより走れないことが多いです。

また、自転車やバイクの場合はその場でUターンとか一方通行でも行けますが、車は動きが制限されることが多いです。

お店は大体繁華街とか、通行人が多いどころに集まっているため、ピックアップするための一時停車は結構ドキドキしちゃう場合があります。

また、運転中の「ながらスマホ」も2019年12月から罰則を強化しましたので、依頼コールが鳴った時もうまく対応しなきゃなりません。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は車には向いていません。

2か月間チャレンジしてみた結果、割り振ってくれた配達コールは10分ちょいのが多く、うまくいった場合1時間内平均配達が3件左右でした。一件当たり300~400円の報酬で、ガソリン代とかを引いたら時給1000円にもいかない時が多かったです。

ぶっちゃけ言えば、暇な時ガソリン代くらい稼ぐ用です。

これはあくまでも車で配達する時の話です。自転車やバイクの場合は遠距離コールが比較的に少ないため、1時間内の配達が車より多いです。Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み上、報酬は何より配達件数により大きく変わってきますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達をするなら動きが自由自在で、スピードもあるバイクがおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)側も車より自転車やバイクでの配達を推奨しているみたいです。

車での配達は理想的ではなりませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達は是非お勧めします。時間の制限もないし、事前にシフト登録もいらないし、働きたい時だけ働けばいいので、登録だけでも済まして置いとくのをおすすめします。

アカウントの登録は近くのUber Eatsパートナーセンターへ直接伺って登録してください。

また、登録する時紹介コードの記入欄があって、登録者には報奨はありませんが、紹介する側は報奨を得られますので、ぜひ下記の紹介コードを勝手に使ってください。

招待コード:DH0LCO