「北海道旅行 網走」流氷、北浜駅、神の子池ー2日目

ホテルは最上層9階の角部屋だったので、夜は寒くないかと少し心配してました。

だが、北部地方はやはり暖房施設と保温が抜群で、全然寒く無く、逆に少し暑かったです。

今日は今回旅行の花である流氷を見に行く日です。

予約は11時だったので、ゆっくりでご飯食べて、一休みしてから出発しました。

日本に住みながらも、寿司や刺身は食べないため、朝食でこんなものばかり出たらどうしようと心配しましたが、これも余計な心配でした。

このホテルの朝食で何よりもお米が一押しです。

つやつやで凄く美味しかったです。

ホテル、居酒屋、レンタカーなどについては下記の記事をご覧ください。

「流氷」

3階の船で、コロナウイルスのため、人々が少なくなるのではないかと思いましたが、そこまでは減ってない感じです。

今回の旅行で流氷の時あった人々が一番多かったです。

港の付近の海はほとんど溶けていて、流氷はほぼ見かけません。

船が出発して間もなく、真っ白な雪にかぶれている流氷が視野に入ってきました。

カモメが常に船のどこかに立ていますが、全然人を怖がってないです。

なんか食べ物をくださいって待ってる感じです。

野生動物に勝手に食べ物を与えちゃダメなので、船内でも放送してます。

みんな自分のベスト写真を撮りたくて、船の1階から3階、前方から後方まで、忙しく行ったり来たりしましたが、寒いだけでした。

また、船の頭まではいけないので、船がどんな風に浮氷を破って進むか見えません。

1時間弱だけですが、もう疲れて、最後は静かに船内に座って流氷ビールを飲んでました。

「北浜駅」

北浜駅はもともと予定の中になかったです。

神の子池へ行く途中で偶然寄りました。

北浜駅は海と一番近い駅で、線路も海と凄く近いので、機会があれば是非電車に乗って景色を楽しんでください。

海と近いのは線路だけではなく、道路も凄く近いので、私たちは海側をドライブしながら楽しみました。

海は凍っていて、その上に雪が被ています。

真っ白で目が痛いほどです。

下は展望台から撮った写真です。

電車は10分くらいから20分くらい止めてくれるので、ゆっくり写真を撮らせてくれます。

駅の中はこういう感じです。

旅人のあとがいっぱい残ってます。

また、駅の中にカフェもあって、お昼も食べられます。

「神の子池」

神の子池はどういうどころか全く知らなかったです。

ネットで住所を探したですが、なかなかナビで検索できる住所が出てこなかったです。

それもあり得るなのは、住所が下記のようになってますからね。

「北海道斜里郡清里町字清泉」

Googleマップで「神の子池」を検索すると出ます。

ようやくナビの案内通りにきましたが、着いたら唖然としました。

車の横にある標識では入口から2キロ進めば神の子池があるってことですが。

目印が指してる所を見るとこういう感じです。

進入禁止!!!

除雪が行っていないため、車の進入は禁止されてます。

また、横の旗には発砲禁止って書いてあって、この辺りは野生動物が出ることを示しているのではと考えられます。

ここから入って2キロ先に神の子池があるのに、こういうことは営業してないことですよね。

勝手に歩いて入ってたら、どういうことが起きるか想像できないです。

もと酷いのはスマホが使えないことです。

僕のはソフトバンクですが、信号なし。

彼女はドコモですが、若干の信号あり。

入って何があった時、スマホが使えなかったら、もう。。。

神の子池って冬でも凍らないって後で知りましたが、冬にオープンしないってことどこからわかるですかね?

命をかけるまで、見に行く必要はないと思いましたので、あきらめて帰宅の旅へ向かいました。

こちらは広くて、住んでる人々も少ないので、まっすぐな道路で結構いい写真が撮れます。

旅って、スケジュールをぎっしり詰めて、忙しく動くのが好きな方もいらっしゃいますが、ゆったりと過ごすのが好きな方もいらっしゃいますね。

今日の旅は多くのスポットへは行けなかったですが、彼女と二人でゆっくり過ごせたのが何よりでした。

こういう旅行も悪くないですね。

もともとカニ料理が食べたかったですが、こちらのお店はほとんど早めに閉めちゃうので、ホテルのレストランで食べました。

流氷は紋別と網走で見れますが、流氷は今日網走で見たので、明日は紋別に日帰り旅行をするつもりです。

3 Comments