外国人が語る:メルカリがラクマより売れるが、僕は絶対メルカリを使わない

果物屋を経営しながら、色なアプリを実際使ってみて、ラクマとメルカリだけではなく、ジモティーの方も凄くいいアプリだと思います。

この三つのアプリにはそれぞれのメリットとデメリットがあります。

ジモティー

メリット

  • 直接取引可能
  • 中古家電・家具の取引が多い
  • 無料で譲ってくれるものが多い
  • 粗大ゴミに新しい持ち主を見つける可能性がある

デメリット

  • 中古家電・家具以外のものが少ない
  • 判断ミスで粗大ゴミをいただく場合がある
  • 同じ内容の再投稿に制限がある

ジモティーはアプリ上での取引によって手数料をもらう仕組みではないので、直接取引が可能です。

中古家電・家具などの一回性取引がメーンです。

そのため、同一内容の投稿を何回も繰り返すことは不可能になってます。

また、削除して改めて投稿するのも不可能になってます。

すなわち、自分が投稿した内容はだんだん新しい投稿により前に表示されなくなります。

こういう場合できることは二つあります。

投稿してから60日以後、その投稿に再投稿機能が現れるが、その時再投稿するか、今すぐお金を払ってリフレッシュ機能で最新投稿にするかです。

ジモティーには無料で譲ってくれるものが多いので、お金をかけずほしいものを入手することが可能です。

その代わりに、ただで譲ってくれるものなので、もらう前にちゃんと確認した方がいいです。

たまには、本当の粗大ゴミをいただく場合がありますので、それを返品するなんて礼儀的にもよくないですよね。

ラクマ

メリット

  • 楽天を運営してる楽天株式会社が運営している
  • ほぼすべての中古とDIY製品を載せることが可能
  • 販売手数料が安い
  • 購入申請機能がある

デメリット

  • 利用者が少ない
  • かんたんラクマパックがらくらくメルカリ便より高い
  • 直接取引(現金取引)が禁止されている

ネットショッピングというと楽天、Yahooショッピング、Amazonがあります。

そのため、楽天を運営してる楽天株式会社がラクマを運営しているので、何となく信頼度が多少高いです。

それに、何より販売手数料が安いです。

販売金額の3.5%なので、10000円で売って手数料は350円になります。

ただ、利用者が少ないのであんまり売れないのが問題です。

販売者側からは購入申請を設定することが可能なので、ほかの所で同時販売しても、二重販売により在庫の不足を心配しなくてもいいです。

また、今の時代って販売者が購入者を選ぶのもいいじゃないですかね?

同じ商品を何回載せてもいいし、削除して再投稿しても全然問題ありません。

メルカリ

メリット

  • ほぼすべての中古とDIY製品を載せることが可能
  • 利用者が圧倒的に多い
  • らくらくメルカリ便が安い

デメリット

  • 販売手数料が高い
  • 直接取引(現金取引)が禁止されている

メルカリは利用者が圧倒的に多いため、載せた商品がすぐ売れたりします。

ただ、販売手数料が10%で高すぎます。

10000円で販売して、手数料は1000円になります。強盗かい?

ラクマと同じく同一内容を何回載せてもいいし、投稿した内容を削除して再投稿しても問題ありません。

メルカリとラクマの評判

利用者数だけを見てもわかります。

メルカリの販売手数料が高くても、多くの人たちはラクマよりメルカリを選んでます。

ネットから見ると、多くの人たちがメルカリを選んだ理由としては、メルカリの顧客サービスがいい、また楽天が嫌い人がいるからって言います。

二番目の理由は本当かどうかよくわからないですが、一番目の理由は全然納得できません。

メルカリの顧客サービスが強いと言ってますが、実際僕が二度とメルカリを使わない理由がメルカリの顧客サービスです。

僕が実際経験した事例を話してみます。

僕はもともとメルカリで果物と野菜を結構売ってました。

取引件数は100件は超えてると思います。

ある日、赤いバナナを箱単位で販売しましたが、バナナが購入者様へ届いたらほとんどつぶられていたと言ってくれました。

購入者側からは恐らく配送中の問題ではないかと判断して、メルカリに連絡して、配送中について調べてもらって、可能であれば損害賠償を申請しましょうとお互いに話し合いました。

こういう事情でメルカリに連絡しましたが、戻ってきたの2行だけの返事でした。

配送業者に問題がないから、販売者側が責任を取りなさいって。

いや、ちゃんと調べました?

購入者が箱を開けて中身を確認した時、恐らく配送中の問題だと言ってるし、

僕は100件ほど果物を発送したことがあるし、

新聞紙などを入れて緩衝もちゃんとできるように工夫してるし、

発送する時生物シール、取扱注意シール、下積み厳禁シール、割れ物注意シールもちゃんと頼んだのに、

あんなふうに回答してくれるなんて、納得ができるわけがないって、もう一度お願いしましたが、戻ってきた返事はまた2行だけで同じでした。

もう話が通じないと思って郵便局に連絡してたら、らくらくメルカリ便については、直接郵便局に連絡しないで、メルカリを通して確認してくださいって言われて、もっと酷いのは一方的に電話を切られました。

まあまあ、日本の親切、日本の礼儀正しいなんてもともとこういうもんだから、日本らしさに怒る必要がないと思ってそのまま諦めました。

その後メルカリを削除して、二度とメルカリなんて使わないです。

実は、こんな酷い目に遭ったのは、すべてらくらくメルカリ便を利用したからです。

そのらくらくメルカリ便を使わなかったらこういう問題も起きないはずです。

らくらくメルカリ便とかんたんラクマパックは普通の発送より安いですが、配送中問題が発生した時、配送業者に直接問い合わせする権利がなく、メルカリとかラクマを通して問い合わせしなきゃならないです。

そのため、配送中の問題でラクマとかメルカリに問い合わせした時、メルカリとかラクマがちゃんと対応してくれないと何もできないわけです。

顧客サービスってこういう問題が発生した時にどんな風に対応してくれるのかが大事です。

ネットでメルカリの顧客サービスがいいって言ってる人は、こんな問題にあったことがあるのかな?

ちゃんと経験したこともないのに、あんなことしゃべるなんて無責任だと思いますけれど。

何もない時、メルカリとかラクマとかどちらも態度がいいですよ。

何でかというと、販売者が頑張って売って利益から手数料をもらう仕組みだからね。

問題があった時の対応態度を見なきゃ話がならないと思います。

要約すると

実は多くの販売者はメルカリの10%の手数料に不満を持って、メルカリだけではなくラクマを同時に運営します。

そのため、皆様がメルカリでほしいものを見つけたら、是非ラクマで検索してみてください。

メルカリより安く出してる可能性がありますよ。

販売しようとしたら、僕も両方使うのをおすすめします。

これが現実だから。

ただ、トラブルを避けるため、発送する時らくらくメルカリ便かかんたんラクマパックかそれとも普通発送かはよく考えた方がいいと思います。

個人的にメルカリは2013年、ラクマは2014年にフリマ市場に侵入したから、メルカリがもっと利用者が多いのではと思います。

メルカリには是非現実をわかってほしいです。

君はただの一つの選択肢です、この世には君がないといけないわけではありません。

僕は今後も絶対メルカリは使わないからね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です