ドライフルーツメーカーでドライバナナを作ってみた2回目「店舗商品」

ドライバナナ作りの一回目挑戦は下記の記事をご覧ください。

ドライバナナ作りは今日で2回目です。

本当はバナナチップスのようなものを作りたかったですが、チップスにするのはドライフルーツメーカーでは可能かと疑問になります。

そのため、ただのドライバナナと呼んだ方がいいと思います。

1回目と2回目の違いは温度を60度から70度に上げただけです。

メーカーに電源を20時間以上入れといたら、一番上の段は上の写真のように結構よく乾燥されてる感じです。

逆に一番下の段がなんか中途半場な感じです。

一回目の挑戦では、下の段の方がもっとよく乾燥してたのに。

それにしても、全体的にまだある程度の水分が残っていて、ぱさぱさ感はないです。

メーカーから出しといて、風が通る場所に置いとく必要があるって言ってるので、全部出しときました。

バナナの両面の乾燥状態も若干違います。

上の写真は下に向いてた面ですが、まだ水分が残ってる感じです。

逆に上に向いてた面はよく乾燥された感じです。

これって、ひっくり返す必要があるってことですかね?

まあ、今度やってみましょう。

果物屋の僕はバナナが多いので、また3回目の挑戦に入りました。

三日でバナナは30本以上切った感じです。

明日は前回よりうまくできるように。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です