おっぱいを大きくする効果がある果物 パパイヤ おすすめ

中国ではパパイヤはおっぱいを大きくする効果があるってよく言われて、若い女性にある程度人気です。

何で凄く人気ではなくある程度人気かというと、甘さが足りないからです。

そのため、おっぱいを大きくする効果があるとしてもあんまりよく食べたくないのが事実です。

これが科学的に根拠があるかどうかはわからないですが、パパイヤ自体は栄養豊富なので、まとめてみました。

1.パパイン酵素

パパインって言うタンパク質を分解する酵素が含めているため、食後パパイヤを食べると消化に役に立って、胃腸炎とか消化不良に効果があると言われます。

最近はこの酵素がタンパク質だけではなく、脂肪と炭水化物も分解できると言われてます。

2.ビタミンA、ビタミンC及び繊維質が豊富

いろいろビタミンが含めてますが、何よりビタミンAとビタミンCが一番豊富で、活性酸素を抑える効果があって、美容美白、アンチエージング、さらに癌の予防にも効果があると言われます。

また、血管を和らげする効果があって、心臓の負担も減らす作用があるって言われます。

3.カリウムにより血圧を下げる効果

カリウムは体の塩分を排出役割で、血圧を下げるにも効果的だそうです。

運動し過ぎて筋肉痙攣の予防とか、逆に運動不足による筋肉が弱くなるのも防ぎます。

また、抗菌効果と寄生虫を殺す効果があるって言われます。

パパイヤって果物のパパイヤと野菜のパパイヤに分けてますが、今日のテーマは果物のパパイヤです。

だが、実際野菜のパパイヤがもっといいって言われます。

パパイヤって栄養豊富ですが、お店で扱うのは実に難しいです。

日本で出回ってるパパイヤって主にフィリピン、ハワイ、沖縄産です。

フィリピン産は安いです。

一個当たり200円から300円くらいです。

だが、一つ問題があります。

全然甘くないです。

そのため、人気があんまりないです。

安さで言うとフィリピン産をおすすめします。

ハワイパパイヤは甘くておいしいです。

フィリピン産の甘くない問題を解決してくれます。

ずっとフィリピン産を食べて、一度ハワイ産を食べてみたら、びっくりします。

パパイヤってこんなに甘いんだと感心しちゃいます。

だが、くそ高いです。

一個800円くらいします。

沖縄パパイヤも甘いって言われますが、まだ扱ったことがないです。

ただ、フィリピン産とハワイ産と違く種がないです。

これを仕入れてたらまた情報を更新します。

保存についてですが、すぐ食べるなら常温保存して、全体的に黄色くなった時が食べ頃になります。

長く保存したい場合は、冷蔵庫にて保存してください。

機会があればドライパパイヤも作ってみます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です