流されない異物がトイレに詰まった時

日常生活でトイレが詰まった時よりうんざりすることはないと思います。

先日彼女がトイレの掃除をする時、便座掃除用ブラシの部品が落ちて流されました。

普通に流されると思いましたが、それが原因で詰まりました。

水が全然流されないわけではないですが、ゆっくりでなくなる感じでした。

便器の中からはもうその異物が見えない状態なので、やれることは流すしかないと思って、自宅にある2Lのペットボトルで試してみました。

2Lのペットボトルの上の部分を切って、水を流しながら便器何回か突っ込みましたが、ペットボトルがすぐぐちゃぐちゃになってもう力が入らなくなりました。

もうこれはダメだと思って、直ちにスーパーへ行ってラバーカップを買ってきました。

ラバーカップって韓国語では[뚫어뻥]、中国語では【皮搋子】って言います。

スーパーで税込で800円くらいしました。

結構丈夫で力もよく入ります。

なんとこれで二日間頑張って突っ込んでみましたが、結局ダメでした。

どう見てもこの異物は水で流されないやつみたいです。

仕方がなく業者に連絡しようと、不動産屋をやってる友達に連絡してみたら、ネット上とか町で勝手に探すのでなく、まずは不動産管理会社に連絡しなさいって言われました。

自分から探すと後処理をちゃんとやってくれない悪質業者に遭遇する可能性もあるし、カモにされる可能性もあるらしいです。

何より便器を外さなきゃならない場合は、管理会社になんの連絡も入れないとなんか不安ですよね。

また、場合によっては管理会社が多少出してくれる場合もあります。

今回は僕たちの問題になっちゃったので、言い訳もなかったです。

結局管理会社に連絡して、業者を紹介してもらいました。

専門の業者が専門の工具で何回か突っ込んでみましたが、やはりこれは便器を外さなきゃならないって言ってくれました。

そして、管理会社に連絡してこういった状況を報告してから、管理会社がまた僕に電話がかけてきて、便器を外さなきゃならないって言ってくれました。

また、費用的にも外してすぐ解決した場合は2万円前後、難易度が多少上がる場合は2万5千円もしくはそれ以上になるって言ってくれました。

結局便器を外して解決しました。

写真に見えるCD・DVDみたいな円盤が原因でした。

便器の構造って私たちが思ってたより単純ではなかったです。

便器の下の部分が何回か曲がっていて、その円盤が流されなかったです。

業者は作業を終えて、費用とかの話もなくてそのまま帰りました。

不動産管理会社が連絡くれるって言ってくれました。

その後、二日くらい経ってから、管理会社から連絡が入って、税込23900円だそうです。

僕たちの問題だったので、全額僕たちが負担することになりました。

自分で解決しようとするのはいいですが、何らかの問題が起きる可能性があるので、まずは不動産管理会社へ連絡するのをおすすめです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です