日本で流通してる中国マスクの現状と今後の見込み

前回輸入してた中国マスクは五日で完売しました。

前回の内容は下記の記事でご確認ください。

中国産というと品質について心配が多い方結構いらっしゃいます。

これは買う側だけ心配してることではなく、売る側も心配してます。

お客様との信頼関係が第一ですからね。

そのため、前回のマスクについて、品質が優れてないことをちゃんと書いといて販売してました。

まずは今の時期って、マスクが全体的に不足してるので、ないよりいいではと思います。

また、品質についてもちゃんと理解してほしいのは、マスクの機能には問題があるのではなく、作り方に問題があることです。

これは厳密に言うと全然違います。

前回のマスクについての記事を見るとわかると思いますが、機能については中国で認証をもらって、日本に問題なく通関して入ったものです。

そのため、機能には問題ないです。

ただ、作り方が丈夫ではないのは事実でもあります。

上記の動画を見るとわかりますが、力を入れると糸が取れたりします。

日本産だと確かに力を入れても糸がよく取れないです。

これは事実です、だが、下記の動画も見てもらいますと。

普通に引っ張ると問題ないです。

じゃ、ここで問題ですが、上記のマスクって本当に付けっちゃダメですかね?

今の時期ってマスク自体が足りないので、またマスクを付ける時みんな必要以上に引っ張って付けるのかな?

使い捨てのマスクなのに、半日くらい使うのがおすすめなのに、中国で認証を全部もらってるのに、日本に問題なく通関して入ってたのに、本当にダメですかね?

また、最近阿部総理が配ってるマスクもいろいろ問題があるって言ったりしますが、あれは日本製だったっけ?

国が配ってるマスクはどんな問題があっても大丈夫のこと?

答えはみんなそれぞれだと思いますが、僕は自分のマスクを付けてます。

また、今回改めて入れたマスクは前回よりは結構よくなりました。

中国製ですが、箱も日本語になってて、書類とかもちゃんとそろえています。

物もよくなったので、値段も上がりました。

一箱50枚入りで、税込で3800円で販売してます。

機能には問題がないと思いますが、やはり日本製の凄くいい奴とは比べられないです。

こう言っても、普通の日本製と同じくらい感じです。

最近テレビを見ると、都内のいろいろ所でマスクを売ってるって放送しました。

値段も3000円から5000円までバラバラでした。

シャープのマスクも発売しましたが、2980円で税金を加えたら3278円、送料を加えたら3938円になります。

最初は一人一箱に限定しましたが、今は抽選で販売するって。

今の日本はまだ全体的にマスクが不足してますし、中国ではマスクの原料の値段が何十倍上がったので、今の値段と昔一箱500円600円と比べないほしいです。

何の意味があるのですかね?

そんな風に比べるなら、原始時代の金の値段と今の金の値段を比べてください。

そして、今金を販売してる方に文句を言ってみてください。

最後には、日本でマスクを扱ってる方に一言言いたいことがありますが、もうやめた方がいいと思います。

5月に入ったら、東南アジアの安いマスクが日本へ入るって聞きました。

その時また中国の高いマスクを扱ったら、痛い目に遭うかもしれません。

また、日本の皆さま、東南アジアの品質って決して中国産より優れてないことを覚えてください。

2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です